古語:

なごのうみのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > なごのうみのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なごのうみの…

分類和歌


「なごの海の霞(かすみ)の間(ま)より眺むれば入(い)る日を洗ふ沖つ白波」


出典新古今集 春上・藤原実定(ふぢはらのさねさだ)


[訳] なごの海にかかる霞の間から眺めると、今しも波間に入ろうとする夕日を洗っているかのように見える沖の白波よ。


鑑賞

いかにも新古今的な絵画的な美しさの漂う歌である。この歌の「なごの海」は、住吉(=今の大阪)あたりの海と考えられているが、越中(富山県)とする説もある。両者は『万葉集』の時代から詠まれているが、平安時代に入ると混同され、どちらとも断定できない歌が多くなった。








なごのうみののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なごのうみののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なごのうみののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS