古語:

なけやなけの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > なけやなけの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なけやなけ…

分類和歌


「鳴けや鳴けよもぎが杣(そま)のきりぎりす過ぎゆく秋はげにぞかなしき」


出典後拾遺集 秋上・曾禰好忠(そねのよしただ)


[訳] 鳴けよ鳴け。木々の茂る、杣山のように生い茂るよもぎのもとで鳴くこおろぎよ。過ぎ去っていく秋は、おまえが嘆くように本当に悲しいことだ。


鑑賞

「杣」は「杣山」のことで、材木にするために植林した山。「よもぎが杣」は作者の独創的な表現で、こおろぎがよもぎを杣山と見ているという視点もユニーク。「きりぎりす」は今のこおろぎ。









なけやなけのページへのリンク
「なけやなけ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なけやなけのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なけやなけのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS