古語:

なくにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

な-く-に

分類連語


…ないことだなあ。▽文末に用いて、打消に詠嘆の意を込めて言い切る。


出典万葉集 二六五


「苦しくも降り来る雨か神(みわ)が崎(さき)狭野(さの)の渡りに家もあらなくに」


[訳] 困ったことに降ってきたにわか雨だなあ。ここ三輪の崎の狭野の渡し場には雨宿りする家もないことだなあ。


…ないことなのに。…ないのに。▽文末・文中で用いて、打消に、逆接の意を込めて言い切ったり下に続けたりする。


出典古今集 雑上・伊勢物語八二


「あかなくにまだきも月の隠るるか山の端(は)にげて入れずもあらなむ」


[訳] ⇒あかなくに…。


…ないのだから。…ない以上は。▽倒置表現の和歌の末尾に用いて、打消に理由の意を添える。


出典古今集 雑上


「誰(たれ)をかも知る人にせむ高砂(たかさご)の松も昔の友ならなくに」


[訳] ⇒たれをかも…。


語法

活用語の未然形に付く。


参考

(1)上代に盛んに用いられたが、中古以降は衰えた。主として和歌に用いられる。(2)「なくに」の「に」については、格助詞とする説、接続助詞とする説、間投助詞とする説などがある。


なりたち

打消の助動詞「ず」の上代の未然形+接尾語「く」+助詞「に」









なくにのページへのリンク
「なくに」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なくにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なくにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS