古語:

のりのともしびの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > のりのともしびの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

のり-の-ともしび 【法の灯火】

分類連語


仏前にともす灯明。


仏法。煩悩に迷うこの世から人を導く仏法を、闇夜(やみよ)を照らす灯火に見立てていう。


出典新古今集 釈教


「願はくはしばし闇路(やみぢ)にやすらひて掲げやせましのりのともしび」


[訳] 願うことは少しの間憂き世にとどまって、かかげたいことだ、衆生を導く灯火を。◆「法灯(ほふとう)」の訓読。









のりのともしびのページへのリンク
「のりのともしび」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

のりのともしびのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




のりのともしびのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS