古語:

はなのうへにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > はなのうへにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はなのうへに…

分類和歌


「花の上にしばし映(うつ)ろふ夕づく日入るともなしに影消えにけり」


出典風雅集 春中・永福門院(えいふくもんゐん)


[訳] 桜の花の上に少しの間照り映えていた夕陽。いつ沈んでしまったということもなく、かすかな光は消えてしまったことだ。


鑑賞

桜の花に夕陽が照り映えているが、その光も刻々と弱まっていく。ふと気づくと光は消えて、花は闇の中に白く沈んでいる。そのいつともなく消えてしまった残光に、うつろいやすい美に対する哀感が込められる。








はなのうへにのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

はなのうへにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




はなのうへにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS