古語:

はなのくもの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > はなのくもの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はなのくも…

分類俳句


「花の雲鐘は上野か浅草か」


出典続虚栗 俳諧・芭蕉(ばせう)


[訳] はるかに見渡せば、雲と見まがうほどの桜の花の盛りである。折から隅田川を渡って聞こえて来る鐘の音は、上野の寛永寺であろうか、それとも浅草の浅草(せんそう)寺であろうか。


鑑賞

江戸深川の芭蕉庵(ばしようあん)での句。花も鐘の音もおぼろにかすむ、高層ビルもスモッグもなかった時代の、春風駘蕩(しゆんぷうたいとう)たる江戸の春景色である。季語は「花の雲」で、季は春。



はな-の-くも 【花の雲】

分類連語


桜の花が一面に咲き連なっているようすを雲に見立てていう語。[季語] 春。








はなのくものページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

はなのくものお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




はなのくものページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS