古語:

はなよりもの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > はなよりもの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はなよりも…

分類俳句


「花よりも団子やありて帰る雁(かり)」


出典犬子集 俳諧・貞徳(ていとく)


[訳] 美しい桜の咲く春だというのに、雁は北へと帰って行く。花より好きな団子があるから、花に心ひかれることなく帰ってしまうのだろうか。


鑑賞

伊勢(いせ)の「春霞(はるがすみ)立つを見捨てて行く雁(かり)は花なき里に住みやならへる」(『古今和歌集』)〈⇒はるがすみ…。〉と「花より団子」ということわざをふまえた句。有名な古歌をことわざで滑稽(こつけい)化している。季語は「帰る雁」で、季は春。








はなよりものページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

はなよりものお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




はなよりものページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS