古語:

はまぐりのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > はまぐりのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はまぐりの…

分類俳句


「蛤のふたみに別れ行く秋ぞ」


出典奥の細道 大垣・芭蕉(ばせう)


[訳] 離れがたい蛤の蓋(ふた)と身が別れるように、自分はこの親しい人と別れて、伊勢(いせ)の二見が浦へ旅立つことだ。折から晩秋の候で、別れの寂しさがひとしお身にしみて感じられる。


鑑賞

『奥の細道』の最後を飾る句。「蛤の」を「二見」の枕詞(まくらことば)に用いるとともに、「ふたみ」に蛤の「蓋と身」を掛けて別れがたい思いを暗示し、「行く」に「別れ行く」と「行く秋」とを掛けるという俳諧の表現法を駆使し、さらに「行く秋ぞ」が『奥の細道』出立に際しての句「行く春や鳥啼(な)き魚(うを)の目は涙」〈⇒ゆくはるや…。〉と呼応する。季語は「行く秋」で、季は秋。









はまぐりののページへのリンク
「はまぐりの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

はまぐりののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




はまぐりののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS