古語:

はなもりやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > はなもりやの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はなもりや…

分類俳句


「花守や白きかしらをつき合はせ」


出典薦獅子集 俳諧・去来(きよらい)


[訳] 満開に咲き誇る桜の花の下で、花守の老人が白髪頭をつき合わせるようにして、ぼそぼそと何か話をしている。


鑑賞

「花守」は、桜の花の番人。桜の花びらの色と白髪の白さを対照させて、清楚(せいそ)な美しさを表現した句。芭蕉はこの句を「さび色よくあらはれ、悦(よろこ)び候ふ」(『去来抄』)と評した。季語は「花守」で、季は春。








はなもりやのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

はなもりやのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




はなもりやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS