古語:

はなのいろはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > はなのいろはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はなのいろは…

分類和歌


出典百人一首 


「花の色は移りにけりないたづらにわが身(み)世(よ)にふるながめせし間(ま)に」


出典古今集 春下・小野小町(をののこまち)


[訳] 桜の花の色は、すっかりあせてしまったことよ。私がむなしくこの世に時を過ごし、物思いにふけっていた間に、降り続く長雨に打たれて。  私の美しい姿形もおとろえてしまったよ。むなしく時を過ごし、物思いにふけっている間に。


鑑賞

「わが身世にふる」の「ふる」は「降る」と「経(ふ)る」とを、「ながめ」は「長雨」と「眺め」とをかけている。








はなのいろはのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

はなのいろはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




はなのいろはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS