古語:

ひがひがしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ひがひがしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひがひが-・し 【僻僻し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


ひねくれている。素直でない。情趣を解さない。


出典徒然草 三一


「この雪いかが見ると、一筆のたまはせぬほどのひがひがしからん人の仰せらるること、聞き入るべきかは」


[訳] この雪をどのように見るかと、手紙に一言もおっしゃらないほどの情趣を解さないような人が言われることを、聞き入れることができようか、いや、できない。


みっともない。見苦しい。非常識だ。


出典源氏物語 玉鬘


「着たる物の人ざまに似ぬはひがひがしうもありかし」


[訳] 着ている物が人柄に似合わないのは、みっともなくもあることだよ。◇「ひがひがしう」はウ音便。


調子が変だ。ふつうでない。


出典源氏物語 若菜下


「年ごろ、かく埋もれて過ぐすに耳なども少しひがひがしくなりたるにやあらむ」


[訳] 長年このように世の中から引きこもって過ごしているから、耳なども少し調子が変になっているのだろうか。









ひがひがしのページへのリンク
「ひがひがし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ひがひがしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ひがひがしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS