古語:

まの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

-ま

接尾語

その状態である、の意の名詞を作る。「まほらま」「懲りずま」



推量の助動詞「む」の古い未然形。接尾語「く」を伴って「まく」の形で用いられる。



ま 【今】

副詞

さらに加えて。もっと。もう。また。


出典心中重井筒 浄瑠・近松


「ま一度寄ってくださんせ」


[訳] もう一度寄ってくださいませ。◆「いま」の変化した語。



ま- 【真】

接頭語

〔名詞・動詞・形容詞・形容動詞・副詞などに付いて〕


完全・真実・正確・純粋などの意を表す。「ま盛り」「ま幸(さき)く」「まさやか」「ま白し」。


りっぱである、美しい、などの意を表す。「ま木」「ま玉」「ま弓」



ま 【間】

名詞

すきま。あいだ。


出典源氏物語 野分


「春の曙(あけぼの)の霞(かすみ)のまより、おもしろきかば桜の咲き乱れたるを見る心地す」


[訳] 春の夜明けの霞の間から、みごとなかば桜が咲き乱れているのを見る心地がする。


柱と柱の間。


出典源氏物語 空蟬


「南の隅のまより、格子(かうし)叩(たた)きののしりて入(い)りぬ」


[訳] 南側の隅の柱の間から、格子を音高くたたいてはいった。


部屋。


出典枕草子 宮にはじめてまゐりたるころ


「次のまに、長炭櫃(ながすびつ)にひまなく居たる人々」


[訳] 次の部屋で、長い角火鉢のそばにすきまなく座っている女房たち。


うち。あいだ。▽連続している時間をさす。


出典土佐日記 二・一


「朝(あした)のま、雨降る」


[訳] 朝のうち、雨が降る。









まのページへのリンク
「ま」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

まのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




まのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS