古語:

まうしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まうし

助動詞ク活用型

《接続》動詞型活用語の未然形に付く。


活用{○/まうく・まうかり/○/まうき/まうけれ/○}


〔打消の希望〕…したくない。…するのはいやだ。


出典源氏物語 桐壺


「この君の御童姿(わらはすがた)、いと変へまうく思(おぼ)せど」


[訳] (帝(みかど)は)この君の童姿(元服前の姿)を、(元服の儀のために)たいそう変えたくはなくお思いになるが。


参考

希望の助動詞「まほし」が「ま欲(ほ)し」と理解されたことから、その対義語を「ま憂(う)し」と考えて用いられるようになった語。



まうし 【申し】

[一]名詞

願い出ること。申し願うこと。


出典春栄 謡曲


「若宮の別当の御まうしにより」


[訳] 若宮の別当の御願い出により。


[二]感動詞

もしもし。▽人に呼びかける語。


出典末広がり 狂言


「まうし、頼うだ人、ござりまするか」


[訳] もしもし、ご主人様はいらっしゃいますか。


参考

[二]が現代語の「もしもし」になった。









まうしのページへのリンク
「まうし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

まうしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




まうしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS