古語:

まいの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まい

助動詞特殊型

《接続》動詞の終止形・未然形などに付く。


活用{○/○/まい/まい/まいけれ/○}


〔打消の推量〕(きっと)…ないだろう。…はずがない。


出典止動方角 狂言


「落つまい馬にまで落つる」


[訳] 落ちるはずのない馬からまで落ちる。


〔打消の意志〕…しない(つもりである)。…しないようにしよう。


出典附子 狂言


「捕らへてくれい。やるまいぞ、やるまいぞ」


[訳] 捕(つか)まえてくれ。逃がしはしないぞ。逃がしはしないぞ。


〔禁止〕…してはいけない。…してはならない。


出典冥途飛脚 浄瑠・近松


「私が二階に居(ゐ)ることを、必ず必ず言ふまいぞ」


[訳] 私が二階にいることを、決して、決して、言ってはいけないよ。


〔不適当〕…しないほうがよい。…すべきではない。


出典寿の門松 浄瑠・近松


「ああ貧乏はせまいもの」


[訳] ああ、貧乏はしないほうがよいものだ。


語の歴史

助動詞「まじ」から「まじい」↓「まい」となった語。中世後期以後に口語として用いられ、現代語に至る。



まい 【幣・舞】

⇒まひ



-まい 【枚】

接尾語

紙などのように薄く平たいものを数える語。


大判金・丁銀などを数える語。


田畑の区画を数える語。


駕籠(かご)を担ぐ人の数を数える語。









まいのページへのリンク
「まい」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

まいのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




まいのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS