古語:

まぼるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まぼ・る

他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


食べる。


出典土佐日記 一・九


「摘(つ)んだる菜を、親やまぼるらむ」


[訳] 摘んだ菜を、父親が食べているだろうか。


参考

「召しあがる」の意とする説、「むさぼり食う」の意とする説もある。



まぼ・る 【守る・護る】

他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


見つめる。見守る。


出典源氏物語 須磨


「月の顔のみ、まぼられ給(たま)ふ」


[訳] 月の面ばかり見つめていらっしゃる。


見守って世話をする。守護する。


出典宇治拾遺 一二・二二


「ここに社(やしろ)を作りて斎(いは)ひ給(たま)へ。さらばいかにもまぼり奉らん」


[訳] ここ(=皇居)に社を作っておまつりなさい。そうすればどのようにも守護してさしあげよう。◆「まもる」の変化した語。









まぼるのページへのリンク
「まぼる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

まぼるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




まぼるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS