古語:

わがふねはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > わがふねはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わがふねは…

分類和歌


「わが舟は比良(ひら)の湊(みなと)に漕(こ)ぎ泊(は)てむ沖辺(おきへ)な離(さか)りさ夜(よ)更(ふ)けにけり」


出典万葉集 二七四・高市黒人(たけちのくろひと)


[訳] 私の乗っている舟は、比良の港まで漕いで行って停泊することにしよう。(岸辺近くを漕いで)沖の方へ離れて行くな。夜がすっかり更けたことだ。


鑑賞

旅の歌人黒人が、舟中で、楫取(かじと)りに呼びかけた歌。早く無事に比良の港に着きたいという思いが込められている。「比良」は、琵琶湖西岸の地。「な離り」の「な」は禁止の副詞。








わがふねはのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

わがふねはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




わがふねはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS