古語:

わがそののの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > わがそののの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わがそのの…

分類和歌


「わが園の李(すもも)の花か庭に降るはだれのいまだ残りたるかも」


出典万葉集 四一四〇・大伴家持(おほとものやかもち)


[訳] わが家の庭にすももの花が散っているのか。それとも、降った雪がまだ消えずにまだらに残っているのだろうか。


鑑賞

題詞に「天平勝宝二年(七五〇)三月一日のゆふべに、春の苑の桃季の花をながめて作る歌二首」とあり、家持が、越中守(かみ)であったときの作とわかる。一首は、すももの花びらが地上に散り敷くさまを見て、まだらに残った雪かと疑ったもの。花を雪と見立てる技巧は、平安時代以降ごくありふれた詠法となるが、ここではまだ、比喩(ひゆ)であることを特に強調せず、あれは花か雪かと素朴に問いかける形をとっている。末句の「かも」は疑問。








わがそのののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

わがそのののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




わがそのののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS