古語:

わがつまはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > わがつまはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わがつまは…

分類和歌


「わが妻はいたく恋ひらし飲む水に影(かご)さへ見えて世に忘られず」


出典万葉集 四三二二・若倭部身麻呂(わかやまとべのみまろ)


[訳] 私の妻はひどく私に恋い焦がれているらしい。飲む水にその姿までもが映って見えて、とても忘れられない。


鑑賞

家に残してきた妻をしのんで詠んだ防人(さきもり)の歌。「恋ひらし」は「恋ふらし」の、「かご」は「かげ」の上代の東国方言。









わがつまはのページへのリンク
「わがつまは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

わがつまはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




わがつまはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS