古語:

わがこひはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > わがこひはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わがこひは…

分類和歌


「わが恋は松をしぐれの染めかねて真葛(まくず)が原に風さわぐなり」


出典新古今集 恋一・慈円(じゑん)


[訳] わたしの恋は、松を時雨(しぐれ)が紅葉させようとしてできないように、あの人の心を動かすことができないで、真葛が原に風が騒いで裏葉を見せるように、恨みに心騒いでいるようだ。


鑑賞

「松」をつれない恋人に、「時雨」を自身の恋の涙にたとえて、あなたのために流す恋の涙も、あなたの心を動かすことはできないという。また、「葛」は風に吹かれると白い裏葉を見せるところから、「うらみ」を暗示する。全体が暗示によって支えられている歌。








わがこひはのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

わがこひはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




わがこひはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS