古語:

わすらむての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > わすらむての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わすらむて…

分類和歌


「忘らむて野行(ゆ)き山行きわれ来(く)れどわが父母(ちちはは)は忘れせぬかも」


出典万葉集 四三四四・防人歌(さきもりのうた)


[訳] 何とか忘れようと、野を行き山を行き、私はやって来たが、どうしてもわが父母は忘れられないことだ。


鑑賞

防人として出発した作者が、父母への思いの断ちがたいことを、せつなく歌った一首。「忘らむて」の「忘ら」は、「忘る」(四段活用動詞)の未然形。「て」は「と」の上代の東国方言。









わすらむてのページへのリンク
「わすらむて」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

わすらむてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




わすらむてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS