古語:

わびことの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わび-こと

名詞

(一)

【侘び事・侘び言】思い煩うこと。思い悩んで嘆くこと。また、恨みがましい言葉。恨みごと。愚痴。


出典源氏物語 藤袴


「様々なる、人々の御わびごとも多かり」


[訳] いろいろな、人々のお恨みごとも多い(のである)。


(二)

【詫び事・詫び言】


辞退すること。また、その言葉。断り。


出典三人夫 狂言


「終(つひ)に歌などを詠うだ事はござらぬ。これは、な、御わびことを申し上げまする」


[訳] まだ歌など詠んだことはございません。これ(=歌を詠むこと)は、なあ、ご辞退を申し上げます。


謝罪すること。また、その言葉。おわび。


出典胸突 狂言


「某(それがし)も思はず強う当たった。そのわびことに今までの利分をばまけておまさうぞ」


[訳] わたしも思いがけず強く応対した。そのおわびに今までの利息をまけてさしあげよう。◆「わびごと」とも。








わびことのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

わびことのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




わびことのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS