古語:

上﨟の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

じゃう-らふ 【上﨟】

名詞

年功を積んだ高僧。


出典今昔物語集 一・二七


「じゃうらふ、皆、汝(なんぢ)が出家を許さず」


[訳] 年功を積んだ高僧がみんな、おまえの出家を許さない。◇仏教語。


上流階級の人。身分・地位の高い人。


出典源氏物語 蜻蛉


「今はなかなかのじゃうらふになりにて侍り」


[訳] 今は、(私も)なまじ官位が高くなりましたし。


身分の高い婦人。


出典源氏物語 帚木


「じゃうらふの中にも多かることぞかし」


[訳] 身分の高い婦人の中にもよくあることなのです。


「上﨟女房(にようばう)」の略。


遊女。


出典班女 謡曲


「われあまたじゃうらふを持ちて候ふ中に花子と申し候ふ人は」


[訳] 私が大勢の遊女を雇っております中に、花子と申します者は。◆「﨟」は僧が受戒してから一定期間一か所にこもって修行すること。[反対語]下﨟(げらふ)。








上﨟のページへのリンク
「上﨟」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

上﨟のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




上﨟のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS