古語:

何ぞやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なぞ-や 【何ぞや】

分類連語


どうして(…か)。どういうわけで(…か)。▽疑問の意を表す。


出典宇津保物語 藤原の君


「巣を出(い)でてねぐらも知らぬ雛鳥(ひなどり)もなぞや暮れゆくひよと鳴くらむ」


[訳] 巣を出てその巣もわからなくなった雛鳥でもどういうわけで夕暮れになるとヒヨと鳴くのだろうか。


どうして…か、いや、…ない。▽反語の意を表す。


出典後撰集 恋二


「大方はなぞやわが名の惜しからむ」


[訳] 概して言えば、どうして私の名声が惜しいことがあろうか、いや、惜しくない。


なりたち

副詞「なぞ」+係助詞「や」








何ぞやのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

何ぞやのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




何ぞやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS