古語:

何との意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なに-と 【何と】

[一]

分類連語


どういうことかと。どんなものかと。


出典源氏物語 薄雲


「なにと分くまじき山伏などまで」


[訳] (物の道理が)どういうことかと判断できそうもない山伏などまでが。


…や何やと。…など。


出典土佐日記 一二・二七


「これかれ酒なにと持て追ひ来て」


[訳] この人やあの人が酒や何やと持って追いかけてきて。


なりたち

代名詞「なに」+格助詞「と」


[二]副詞

どういうわけで。どうして。


出典続古今集 雑中


「なにとうき世にむすぼほるらむ」


[訳] どうしてつらい世の中に縁を結んでいるのだろう。


どのように。どう。


出典平家物語 一二・六代被斬


「維盛(これもり)の卿(きやう)の子息はなにと候ふやらん」


[訳] 維盛卿のお子様はどのようにしているでしょうか。


[三]感動詞

なに。なんだって。▽問い返すときに発する語。


出典烏帽子折 謡曲


「なにと、取れと候ふや」


[訳] なんだって、受け取れとおっしゃるのか。


どうだ。いかに。おい。▽問いかけるときに発する語。


出典武悪 狂言


「なにと、内へ入って一杯飲むまいか」


[訳] どうだ、中へ入って一杯飲もうか。



なん-と 【何と】

[一]副詞

どう。どのように。▽疑問の意を表す。


出典平家物語 二・教訓状


「縦(たと)ひ人なんと申すとも」


[訳] たとえ人がどのように言っても。


どうして(…か、いや、…ない)。▽反語表現に用いる。


出典附子 狂言


「なんと食ふことがなるものか」


[訳] どうして食べることができるものか、いやできない。


[二]感動詞

ねえ。どうだ。▽人に問いかけたり、同意を求めるときに発する語。


出典神鳴 狂言


「『なんと取ったか』『なかなか、取りました』」


[訳] 「どうだ取ったか」「もちろん、取りました」。


参考

「なにと」の変化した語。









何とのページへのリンク
「何と」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

何とのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




何とのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS