古語:

何とかはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なに-と-かは 【何とかは】

分類連語


何と…か。どのように…か。▽疑問の意を表す。


出典源氏物語 椎本


「君なくて岩のかけ道絶えしより松の雪をもなにとかは見る」


[訳] 父君が亡くなって(山寺に通う)岩場の桟道(の往来)が途絶えたときから、(父君を待つあなたは、この)松に積もる雪をどのように見るのか。


どうして…か、いや、…ない。▽反語の意を表す。


出典源氏物語 初音


「つれなき人の御心をば、なにとかは見たてまつりとがめむ」


[訳] 薄情な人のお心を、どうしてご非難申し上げられようか、いや、できない。


なりたち

代名詞「なに」+格助詞「と」+係助詞「かは」








何とかはのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

何とかはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




何とかはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS