古語:

何ぞのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なぞ-の 【何ぞの】

連体詞

なんという。どういう。どんな。▽不明のものをさしていう。


出典枕草子 うへにさぶらふ御猫は


「なぞの犬の、かく久しう鳴くにかあらむ」


[訳] どんな犬が、こんなに長く鳴いているのであろうか。◆連語「なぞ」に格助詞「の」が付いて一語化した語。



なに-ぞ-の 【何ぞの】

分類連語


⇒なんぞの



なん-ぞ-の 【何ぞの】

分類連語


どんな。どういう。


出典宇津保物語 俊蔭


「かれはなんぞの人ぞ」


[訳] あの人はどういう人か。


なりたち

代名詞「なに」+係助詞「ぞ」+格助詞「の」からなる「なにぞの」の変化した語。








何ぞののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

何ぞののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




何ぞののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS