古語:

何為むにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なに-せ-む-に 【何為むに】

分類連語


何のために。どうして。▽疑問の意を表す。


出典万葉集 二三七七


「なにせむに命継ぎけむ吾妹子(わぎもこ)に恋ひざる前(さき)に死なましものを」


[訳] 何のために命長らえて来たのであろう。(いとしい)お前に恋しないうちに死んでしまったらよかったのに。


どうして…か、いや、…ない。▽反語の意を表す。


出典万葉集 八〇三


「銀(しろかね)も金(くがね)も玉もなにせむに勝れる宝子に及(し)かめやも」


[訳] ⇒しろかねも…。


なりたち

代名詞「なに」+サ変動詞「す」の未然形+推量の助動詞「む」の連体形+格助詞「に」








何為むにのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

何為むにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




何為むにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS