古語:

何時と無しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 何時と無しの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いつ-と-な・し 【何時と無し】

分類連語


いつまでも際限がない。


出典宇治拾遺 一・一四


「春雨いつとなくふりて」


[訳] 春雨がいつまでも際限なくふり続いて。


いつと限らない。常にそうだ。


出典新古今集 雑中


「いつとなき小倉の山のかげを」


[訳] いつと限らず常に小暗いという名の小倉山の山陰を。


なりたち

代名詞「いつ」+格助詞「と」+形容詞「なし」








何時と無しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

何時と無しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




何時と無しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS