古語:

分くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わ・く 【分く・別く】

[一]他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


区別する。分ける。


出典古今集 冬


「雪降れば木毎(きごと)に花ぞ咲きにけるいづれを梅とわきて折らまし」


[訳] ⇒ゆきふれば…。


判断する。理解する。


出典新古今集 雑上


「めぐり逢(あ)ひて見しやそれともわかぬ間まに雲隠れにし夜半(よは)の月影」


[訳] ⇒めぐりあひて…。


[二]他動詞カ行下二段活用

{語幹〈わ〉}


区別する。分ける。


出典平家物語 二・阿古屋之松


「日本は、昔三十三か国にてありけるを、中ごろ六十六か国にわけられたんなり」


[訳] 日本は、昔三十三か国であったのを、そう遠くない昔六十六か国に分けられたそうだ。


押し分けて進む。切り開いて進む。


出典更級日記 竹芝寺


「野山、蘆(あし)荻(をぎ)のなかをわくるよりほかのことなくて」


[訳] 野や山を越え、蘆や荻の中を押し分けて進む以外のことはなくて。


物を分ける。分配する。


出典源氏物語 葵


「ただ今は、ことざまにわくる御心もなくて」


[訳] 現在は、(紫の上以外の)ほかの女に分け与えるご愛情もない状態で。









分くのページへのリンク
「分く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

分くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




分くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS