古語:

分かつの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わか・つ 【分かつ・別つ】

他動詞タ行四段活用

活用{た/ち/つ/つ/て/て}


切り離す。別々にする。


出典大鏡 道長上


「それをさへわかたせ給(たま)へば」


[訳] それ(=出ていく道)までも別々にしなさるので。


分配する。


出典奥の細道 末の松山


「蜑(あま)の小舟(をぶね)漕(こ)ぎつれて、肴(さかな)わかつ声々に」


[訳] 漁師の小舟が連れだって、漕ぎ帰り、(浜辺で)魚を分配する声々に。


区別して判断する。判別する。


出典平家物語 三・大臣流罪


「清濁をわかち、呂律(りよりつ)を知ることなし」


[訳] 音の相違を区別し、音階を理解することがない。









分かつのページへのリンク
「分かつ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

分かつのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




分かつのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS