古語:

勢ひの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いきほひ 【勢ひ】

名詞

気勢。気力。活力。


出典伊勢物語 四〇


「人の子なれば、まだ心いきほひなかりければ」


[訳] (男は)親がかりの身なので、まだ(人に対抗する)心の気力がなかったので。


権勢。権力。財力。


出典徒然草 五八


「たとひ望みありとも、いきほひある人の貪欲(とんよく)多きに似るべからず」


[訳] たとえ欲望があっても、権勢ある人の非常に深い欲望の多いのとは比べものにならない。


(盛んな)ようす。形勢。


出典源氏物語 少女


「大方世ゆすりて、所せき御いそぎのいきほひなり」


[訳] 世間一般でも大騒ぎで、大げさなご準備のようすである。









勢ひのページへのリンク
「勢ひ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

勢ひのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




勢ひのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS