古語:

勤めの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つとめ 【勤め・務め】

名詞

任務。義務。


出典徒然草 一二二


「忠孝のつとめも、医にあらずはあるべからず」


[訳] 忠義と孝行の義務も医術を知らないと果たすことができない。


(読経(どきよう)・念仏や礼拝(らいはい)などをして)仏道修行に励むこと。勤行(ごんぎよう)。


出典源氏物語 薄雲


「後(のち)の世のつとめも心に任せて」


[訳] 極楽往生のための勤行も思いのままにして。


注意

の意味で用いられている例が多い。









勤めのページへのリンク
「勤め」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

勤めのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




勤めのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS