古語:

又の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

また 【又・亦・復】

[一]副詞

再び。もう一度。


出典大和物語 一七三


「迎へに人あれば、今またも参り来む」


[訳] 迎えに人が来ましたので、すぐ再び参上しましょう。


〔多く「…もまた」の形で〕やはり。同じように。同じく。


出典奥の細道 旅立


「行きかふ年もまた旅人なり」


[訳] 行き交う年月もやはり旅人のようなものである。


そのほかに。それとは別に。


出典源氏物語 帚木


「さて、また同じころ、まかり通ひし所は」


[訳] さて、それとは別に同じころに通っていた(女の)所は。


[二]接続詞

ならびに。および。▽並列の意を表す。


出典枕草子 うらやましげなるもの


「髪いと長くうるはしく、下がりばなどめでたき人。また、やむごとなき人の、よろづの人にかしこまられ、かしづかれ給(たま)ふ」


[訳] 髪の毛が非常に長く美しくて、垂れた髪の先などが見事である人。ならびに、高貴な人が、大勢の人から恐れ敬われ、大切にされていらっしゃるのは(うらやましい)。


それに。そのうえ。加えて。▽添加(てんか)の意を表す。


出典枕草子 うへにさぶらふ御猫は


「似ては侍(はべ)れど、これはゆゆしげにこそ侍るめれ。また、…呼べど寄り来ず」


[訳] (犬の翁丸(おきなまろ)に)似てはおりますけれども、これはひどいようすのようです。それに、…呼んでも寄って来ない。


一方では。あるいは。▽選択の意を表す。


出典伊勢物語 九〇


「『…』と言へりけるを、限りなくうれしく、また疑はしかりければ」


[訳] 「…」と言ったのを、この上なくうれしく思い、一方では(女が約束どおりにするかどうか)疑わしくもあったので。


さて。それから。▽話題の転換の意を表す。


出典方丈記 


「また、治承(ぢしよう)四年水無月(みなづき)のころ、にはかに都遷(みやこうつ)り侍(はべ)りき」


[訳] さて、治承四年六月のころ、急に遷都がございました。



まった 【又】

接続詞

「また」を強めていう語。◆「また」の促音便。









又のページへのリンク
「又」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

又のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




又のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS