古語:

言ひ掛けの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いひ-かけ 【言ひ掛け】

名詞

言いがかり。難癖をつけること。


出典曾根崎心中 浄瑠・近松


「全くこの徳兵衛(とくべゑ)がいひかけしたるで更になし」


[訳] まったくこの徳兵衛が言いがかりをつけたのではさらさらない。


修辞法の一つ。掛け詞(ことば)。


出典歌学提要 


「又いひかけは大かた歌がら賤しく、心おとりのするものにして」


[訳] また掛け詞は一般的に言って歌の品格を下げ、見劣りのするものであって。








言ひ掛けのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

言ひ掛けのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




言ひ掛けのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS