古語:

余情の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

余情

分類文芸


平安時代以降、特に鎌倉・室町時代、和歌で重要視された美的理念の一つ。言葉で直接には表現されないが、言外に感じられる、繊細微妙なしみじみとした情趣のこと。藤原俊成(ふじわらのとしなり)・定家(さだいえ)らによる「幽玄」「妖艶(ようえん)」などの理念の確立とともに、和歌の最高理念にまで高められた。和歌のほかに、連歌(れんが)・能・俳諧(はいかい)などでも重要視された。古くは「よせい」と読む。



よ-せい 【余情】

名詞

言外に漂う情趣。余情(よじよう)。余韻。


出典無名抄 歌半臂句事


「姿に花麗(くわれい)極まりぬれば、又自(おのづか)らよせいとなる」


[訳] 歌全体の形に最高の華麗さがそなわると、また自然に余情をかもし出すこととなる。









余情のページへのリンク
「余情」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

余情のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




余情のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS