古語:

取り入るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とり-い・る 【取り入る】

[一]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


(物の怪(け)が人間の心に)入(はい)り込む。


出典平家物語 三・赦文


「こはき御物の怪どもとりいり奉る」


[訳] こわい御物の怪たちが入り込み申し上げる。


かかわる。


出典今鏡 藤波下


「世のまめなる事はとりいらぬ御心にや」


[訳] 世間の実際的な事にはかかわらないおつもりではないか。


へつらう。


出典源平盛衰記 二六


「太政大臣にとりいり」


[訳] 太政大臣にへつらい。


[二]他動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


取り次ぐ。受け取る。


出典竹取物語 火鼠の皮衣


「竹取出(い)で来て、とりいれてかぐや姫に見す」


[訳] 竹取の翁が出て来て、受け取ってかぐや姫に見せる。


(物の怪(け)が人の心を)引き入れる。


出典源氏物語 葵


「御物の怪の、たびたびとりいれ奉りしを」


[訳] 御物の怪が、たびたび(心を)引き入れ申し上げたのを。









取り入るのページへのリンク
「取り入る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

取り入るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




取り入るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS