古語:

取り付くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とり-つ・く 【取り付く】

[一]自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


すがりつく。とりすがる。


出典徒然草 四一


「とりつきながら、いたう睡(ねぶ)りて」


[訳] (木に)すがりつきながら、ぐっすり眠って。


(神霊や物の怪(け)が)乗り移る。


出典栄花物語 楚王の夢


「御物の怪のとりつき奉りにければ」


[訳] 物の怪が乗り移り申し上げたので。◇「取り憑く」とも書く。


取り掛かる。着手する。


[二]他動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


取り付ける。付ける。


出典万葉集 四〇一一


「白塗りの鈴とりつけて」


[訳] 白塗りの鈴を取り付けて。


(神霊や物の怪(け)を)乗り移らせる。


出典祝詞 出雲国造神賀詞


「和魂(にぎみたま)を八咫(やた)の鏡にとりつけて」


[訳] 温和な徳のある魂を八咫の鏡に乗り移らせて。









取り付くのページへのリンク
「取り付く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

取り付くのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




取り付くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS