古語:

取り掛かるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 取り掛かるの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とり-かか・る 【取り掛かる】

他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


始める。手をつける。


心にかかる。気がかりである。


出典源氏物語 蜻蛉


「宮の上にとりかかりて恋しうもつらくも」


[訳] 宮のことが心にかかって恋しくもつらくも。


とりすがる。取り付く。


出典古事記 神代


「手足にとりかかりて泣き悲しみき」


[訳] 手足にとりすがって泣き悲しんだ。


立ち向かって行く。襲いかかる。


出典今昔物語集 二五・七


「心も知らざらん人にとりかかりては」


[訳] 気持ちもわからない人に襲いかかっては。◆「とり」は接頭語。









取り掛かるのページへのリンク
「取り掛かる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

取り掛かるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




取り掛かるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS