古語:

取り敢へずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 取り敢へずの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とりあへ-ず 【取り敢へず】

副詞

あっという間に。たちまち。


出典源氏物語 須磨


「高潮といふものになむ、とりあへず人そこなはるるとは聞けど」


[訳] 高潮というものに、たちまち人が危害を加えられるとは聞くけれど。


(ほかの事はさておいて)即座に。すぐさま。


出典徒然草 一〇七


「女の物言ひかけたる返り事、とりあへずよきほどにする男は、ありがたきものぞ」


[訳] 女がものを言いかけた返事を、即座によい程度にする男は、めったにないものだ。


参考

下二段動詞「とりあふ」の未然形に打消の助動詞「ず」の連用形が付いて一語化した語。「取る(べき)ものも取りきれないで」が本来の意で、何かほかの事をする間もなく即座に次の反応を示すことにいう。現代語はの意味だけ。








取り敢へずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

取り敢へずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




取り敢へずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS