古語:

吉田兼好の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

吉田兼好

分類人名


(一二八三?~一三五二?)鎌倉時代後期の歌人・随筆家。本名は卜部兼好(うらべかねよし)。京都の吉田神社の神官の家に生まれた。後二条天皇のころ出仕したが、のち出家して東国を旅し、やがて京都に住んで、随筆『徒然草(つれづれぐさ)』を書いた。二条為世(ためよ)に和歌を学び、頓阿(とんあ)・浄弁・慶雲とともに「和歌四天王」とよばれた。家集に『兼好法師家集』がある。









吉田兼好のページへのリンク
「吉田兼好」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

吉田兼好のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




吉田兼好のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS