古語:

名字の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みゃう-じ 【名字】

名詞

古代の「氏(うぢ)」「姓(かばね)」としての名前。また、人の名前。


同一の「氏」から分かれた家の名。また、広く、家名。


「みゃうがう」に同じ。


出典沙石集 七


「せめてはみゃうじばかりを唱へんと思へども」


[訳] せめて南無阿弥陀仏ぐらいは唱えようと思うけれど。


参考

は、源氏から分かれた新田(につた)・足利(あしかが)などのように、武士が、出身地や名田(みようでん)などの名を自分の字(あざな)としたのが本来のものである。のち、次第に「氏」との区別があいまいになった。姓・氏・名字は、今日では全く混同されている。









名字のページへのリンク
「名字」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

名字のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




名字のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS