古語:

名対面の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

な-だいめん 【名対面】

名詞

宮中で、夜中の定刻に、宿直(とのい)の殿上人(てんじようびと)の点呼を取り、姓名を名乗らせること。おおむね亥(い)の一刻(=午後九時ごろ)に行われ、それに次いで「宿直奏(とのゐまう)し」が行われる。名謁(みようえつ)。


戦場で、互いに名乗ること。


出典源平盛衰記 四一


「互ひになだいめんして散々に射殺しぬる者もあり」


[訳] 互いに名乗りをして(それから)散々に(弓を)射て殺してしまった者もある。









名対面のページへのリンク
「名対面」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

名対面のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




名対面のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS