古語:

否ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いな・ぶ 【否ぶ・辞ぶ】

[一]他動詞バ行上二段活用

活用{び/び/ぶ/ぶる/ぶれ/びよ}


拒む。断る。辞退する。「いなむ」とも。


出典竹取物語 蓬莱の玉の枝


「親ののたまふことを、ひたぶるにいなび申さむことのいとほしさに」


[訳] 親がおっしゃることを、ひたすらに断り申し上げることがお気の毒なので。


[二]他動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


[一]に同じ。


出典今昔物語集 一二・三五


「定めて一切(いつせつ)はいなばむずらむと思ひつるに」


[訳] きっとひたすら断ろうとするだろうと思っていたのに。









否ぶのページへのリンク
「否ぶ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

否ぶのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




否ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS