古語:

否やの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いな-や 【否や】

[一]感動詞

いいや。いやいや。▽相手の言動を強く否定するときに発する語。


出典平家物語 一一・副将被斬


「『いなや、帰らじ』とこそ泣き給(たま)へ」


[訳] 「いいや、帰るまい」とお泣きになる。


これはこれは。いやはや。▽ひどく驚いて発する語。


出典今昔物語集 二三・一九


「いなや、かくは思はざりつ」


[訳] いやはや、こんな事とは思わなかった。


どうであろうか。▽問いかける語。


出典枕草子 御かたがた、君たち


「思ふべしや、いなや」


[訳] 愛するのがよいだろうか、どうであろうか。


[二]副詞

〔「…といなや」「…やいなや」の形で〕…するとすぐに。するかしないかのうちに。


出典世間胸算用 浮世・西鶴


「朝飯(あさめし)過ぎるといなや」


[訳] 朝飯が終わるとすぐに。


参考

「や」はもとは間投助詞。「いな」を強めた語。









否やのページへのリンク
「否や」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

否やのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




否やのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS