古語:

呼ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よ・ぶ 【呼ぶ】

他動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


呼ぶ。


出典更級日記 大納言殿の姫君


「『をぎの葉、をぎの葉』とよばすれど」


[訳] 「荻(おぎ)の葉(=女性の名)、荻の葉」と供の者に呼ばせたが。


招く。招いてごちそうする。


出典徒然草 二一五


「最明寺(さいみやうじ)の入道、ある宵の間(ま)によばるることありしに」


[訳] 最明寺の入道がある宵のうちに、招かれたことがあったが。


名付ける。称する。


出典笈の小文 俳文・芭蕉


「旅人と我(わ)が名よばれん初時雨(はつしぐれ)―芭蕉」


[訳] ⇒たびびとと…。









呼ぶのページへのリンク
「呼ぶ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

呼ぶのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




呼ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS