古語:

嘆くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なげ・く 【嘆く・歎く】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


ため息をつく。嘆息する。


出典拾遺集 恋四


「なげきつつ独り寝(ぬ)る夜(よ)の明くる間(ま)はいかに久しきものとかは知る」


[訳] ⇒なげきつつ…。


悲しむ。悲しんで泣く。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「このことをなげくに、ひげも白く、腰もかがまり、目もただれにけり」


[訳] このこと(=かぐや姫が月に帰る時が近づいていること)を悲しんで泣くので、ひげも白くなり、腰も曲がり、目もただれてしまった。


願う。強く望む。やっきになる。


出典沙石集 九


「この主(あるじ)、いかばかりなげき求むらむ」


[訳] この持ち主は、どんなにやっきになって探していることだろう。









嘆くのページへのリンク
「嘆く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

嘆くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




嘆くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS