古語:

因果の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いんが 【因果】

⇒いんぐゎ



いん-ぐゎ 【因果】

名詞

すべてのものにある原因と結果。▽よい行いにはよい結果が、悪い行いには悪い結果が来るという、因果応報の道理。


出典徒然草 一八八


「学問していんぐゎのことわりをも知り」


[訳] 学問をして、すべてのものにある原因と結果の道理を悟り。


悪業(あくごう)。悪業の報い。▽前世、または以前の行いが原因となって受ける結果。


出典鉢かづき 御伽


「いかなるいんぐゎの報いにや、かかるうき世に住みそめて」


[訳] いったいどのような(前世の)悪業の報いであろうか、こんなつらい世の中に住みはじめて。◆仏教語。









因果のページへのリンク
「因果」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

因果のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




因果のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS