古語:

常世の国の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とこよ-の-くに 【常世の国】

分類連語


海のはるかかなたにあり、祖先の霊が集まって住むという国。また、不老・不死であるという理想境。常世。


出典古事記 垂仁


「多遅摩毛理(たぢまもり)をとこよのくにに遣はして、ときじくのかくの木(こ)の実を求めしめ給(たま)ひき」


[訳] 多遅摩毛理を常世の国に行かせて、永遠の橘(たちばな)の実を求めさせなさった。









常世の国のページへのリンク
「常世の国」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

常世の国のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




常世の国のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS