古語:

強ひての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しひ-て 【強ひて】

副詞

無理に。無理をおして。


出典伊勢物語 八三


「しひて御室(みむろ)にまうでてをがみ奉るに」


[訳] 無理に(出家した親王の)御庵室に参上して拝顔申し上げると。


むやみに。むしょうに。


出典後撰集 春下


「散りぬる花のしひて恋しき」


[訳] 散ってしまった花がむやみに恋しい。◆動詞「し(強)ふ」の連用形に接続助詞「て」が付いて一語化したもの。


注意

は、特に心情を表す形容詞にかかる用法であり、現代語にはない用法。









強ひてのページへのリンク
「強ひて」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

強ひてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




強ひてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS