古語:

起こすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おこ・す 【起こす】

他動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


立てる。立たせる。


出典徒然草 八九


「『こはいかに』とて、川の中より抱(いだ)きおこしたれば」


[訳] 「これはどうしたことだ」と言って、川の中から抱き起こしたところ。


目を覚まさせる。


出典枕草子 にくきもの


「そら寝をしたるを、わがもとにある者、おこしに寄り来て」


[訳] たぬき寝入りをしているのを、自分のもとで使われている者が、目を覚まさせに近寄って来て。


(火を)つける。おこす。


出典枕草子 春はあけぼの


「いと寒きに、火など急ぎおこして」


[訳] たいそう寒いときに、火などを急いでおこして。


生じさせる。(騒動などを)起こす。


出典平家物語 四・競


「今年いかなる心にて、謀叛(むほん)をばおこしけるぞと」


[訳] 今年になってどういう気持ちで、謀叛を起こしたのかと。


盛んにする。奮い立たせる。


出典源氏物語 夕顔


「君も強ひて御心をおこして、心のうちに仏を念じ給(たま)ひて」


[訳] 光源氏の君も無理にお気持ちを奮い立たせて、心の中に仏を祈りなさって。









起こすのページへのリンク
「起こす」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

起こすのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




起こすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS